【東京喰種】金木研の名言

キャラ:金木 研(かねき けん)
声優:花江夏樹
アニメ:東京喰種 原作:石田スイ ジャンル:サスペンス・ホラー
制作:studioぴえろ 放送局:TOKYO MX他 放送時期:2014年-2015年
【プロフィール】
東京喰種の主人公。12月20日生まれ。いて座。血液型AB型。愛称は「カネキ」。
上井大学文学部国文科一年生で、20区内のマンションで一人暮らしをしていた。喰種のリゼに捕食されかけ瀕死になるものの、リゼの頭上より鉄骨が落下してきたことにより九死に一生を得る。搬送された病院でリゼの臓器を移植されて生き延びるが、その代償で半喰種となり、喰種の世界に関わることになる。

名言・名台詞


何も出来ないのは、もう嫌なんだ。


相手のことを知らないまま、間違ってるって決めてしまうなんて・・・そんなのが正しいなんて、僕には思えない。


僕は自分を見失わない。それが僕の戦い方だ。


僕は・・・自分で制御できないような力を、使っちゃ駄目だと思う。今の僕は『これ』を使うにはふさわしくない。傷つけたり壊してしまった後じゃ遅いんだ・・・


全てを知った上で受け入れてくれる人がいれば・・・枷を嵌めて生きる身だとしても、どんなに救われるだろう。


それは出来ない。そんな事になったらトーカちゃんが哀しむ。君は彼女のたった一人の弟だから・・・いくら『アオギリ』のメンバーでトーカちゃんを傷つけた張本人でも・・・殺すのは無理だよ。・・・だから、アヤトくん。・・・君は、『半殺し』だ。


僕は思う。世界が間違っているとすれば、歪めているのは・・・この世界に存在するものすべてだ。


この世ならざる飢えに苛まれながらも、その満たし方がわからない・・・。いや・・・『ある』。ひとつだけ・・・きっと『そう』なんだろう・・・だけど・・・『それ』をしてしまったら、僕はもうこれから・・・ヒトとして生きられないかもしれない・・・でも・・・もう他に、どうしろって言うんだよ。


→東京喰種トーキョーグール名言一覧へ

キャラクター 一覧

金木研佐々木 琲世霧嶋董香芳村店長
西尾錦四方蓮示神代利世月山習
霧嶋絢都ヤモリエトナキ
万丈数壱イトリニコ亜門鋼太朗
真戸呉緒真戸暁西野貴未

このページの先頭へ