とある魔術の禁書目録|上条当麻の名言

キャラ:上条 当麻(かみじょう とうま)
声優:阿部敦
アニメ:とある魔術の禁書目録 原作:鎌池和馬
ジャンル:SFファンタジー
制作:J.C.STAFF 放送局:AT-Xほか 放送:2008-2009年(第一期)

【プロフィール】
所属サイド:科学 レベル:0(無能力者) 能力:幻想殺し(イマジンブレイカー)
職業:高校生 年齢:15歳 身長:168cm

『とある魔術の禁書目録』の主人公。学園都市に住む高校1年生の少年。「不幸だ」が口癖で大小様々なトラブルに巻き込まれる自他共に認める不幸体質。基本的には気だるげかつ憂々とした性格であり、面倒だと思った事からは全身全霊を以て逃げようとする。だがその一方では心根は熱く、超がつくほどの正義感が強くお人よしな性格。自宅のベランダに引っ掛かっていたインデックスと出会いから魔術サイドや学園都市の事件に関わるようになる。

名言・名台詞


確かに俺の夏休みは『不幸』だった。
だけど、それが何だ?
そんな程度で、この俺が後悔するとでも思ってんのか?


『不幸』だなんて見下してんじゃねえ! 俺は今、世界で一番『幸せ』なんだ!


ずっと待ち焦がれてたんだろ、こんな展開を!
英雄がやってくるまでの場つなぎじゃねえ!主人公が登場するまでの時間稼ぎじゃねえ!他の何者でもなく!他の何物でもなく!
テメエのその手で、たった一人の女の子を助けてみせるって誓ったんじゃねえのかよ!


アンタ、知ってんだろ。大切な誰かに死なれる事の痛みが。
目の前で誰かが苦しんで、傷ついて、でも自分には何もできなくて、どうしようもないっていう苦しみを知ってんだろ
焦ったはずだ。辛かったはずだ。苦しかったはずだ。痛かったはずだ。恐かったはずだ。震えたはずだ。叫んだはずだ。涙が出たはずだ。
……だったら、それはダメだ。
そんなに重たい衝撃は、誰かに押し付けちゃいけないものなんだ


歯を食いしばれよ、最強――――――
俺の最弱は、ちっとばっか響くぞ


俺みたいなただの無能力者が、そんなご大層な人間に見えるのか!?
善人?悪人?ふざけるんじゃねえ。そんな位置に立ってなきゃ、誰も助けちゃいけないのか!!
目の前で泣いてほしくない人が泣いているんだ! 助けてくれって一言を言う事もできずに、唇を噛んで耐えている人がいるんだ!!
それだけで十分だろ!!立ち上がったって良いだろ!!特別なポジションも理由もいらねえ!!
それだけあれば、もう盾になるように立ち塞がったって構わねえだろうがよ!!


その子を守りたかったんなら胸を張って守れよ!!
今この時、守りたいって思える事ほ誇りに思えよ!!
お前の人生だろ、お前が決めろよ!!


俺、強くなるから。もう二度と、負けねぇから。
お前をこんな風に扱う連中、全員残らず一人残らずぶっ飛ばせるぐらい、強くなるから…


この物語が、神様の作った奇蹟の通りに動いてるってんなら 
まずは、その幻想をぶち殺す!!


悔しいに決まってる。そんなの悔しいに決まってるだろ!!


認めない、誰かが犠牲にならなきゃいけないなんて残酷な法則があるなら。
まずはその幻想をぶち殺す!


涙を拭って前を見ろ。胸を張って誇りに思え。
ここにいる全員が、お前に死なれちゃ困ると思ってんだ。
今からお前に見せてやる。お前の住む世界には、まだ救いがあるって事を!


俺を選んでくれれば良かったんだ。
それだけで、俺は納得できたはずなのに。


世界を『救ってやる』なんて思ってるヤツに、この世界は守れない
そんな野郎に救われなければならないほど、俺達の世界は弱くなんかない

→とある魔術の禁書目録名言一覧へ

キャラクター 一覧

上条当麻インデックス御坂美琴一方通行
白井黒子土御門元春青髪ピアス麦野沈利
食蜂操祈

このページの先頭へ