【ヒカルの碁】藤原佐為の名言

キャラ:藤原佐為(ふじわらの さい)
声優:千葉進歩
アニメ:ヒカルの碁 原作:ほったゆみ 作画:小畑健
ジャンル:ストーリー
制作:ぴえろ 放送局:テレビ東京 放送時期:2001年-2003年
【プロフィール】
ヒカルの祖父の蔵にある本因坊秀策所縁の碁盤に眠っていた平安時代の天才棋士の霊。かつては内裏で天皇の囲碁指南役として活躍していた。その後その後江戸時代に虎次郎に憑依して活躍し本因坊秀策となる。秀作の死後は再び碁盤に宿りおよそ140年の時を経てヒカルと巡り会った。

名言・名台詞


今 わかった
神はこの一局をヒカルに見せるために
私に千年の時を長らえさせたのだ


見極めてギリギリまで踏み込むのです


虎次郎が私のために存在したというならば
私はヒカルのために存在した
ならばヒカルもまた
誰かのために存在するのだろう
その誰かもまた別の誰かのために
千年が二千年がそうやって積み重なってゆく
神の一手に続く遠い道程
私の役目は終わった


ヒカルの持つ力に、私だけでなく、周りも気づき始めた。
見える…ヒカルの頭上に輝いている、私にはない未来が…


整地までは いきません、中押しで勝ちますから。


私はまだ……神の一手を極めていない


端で見ている者達は対局者よりも冷静であるというだけで
深い所は見えていない
対局している者達にしか見えません
この盤上の宇宙の深い
より深い所は


ヒカルが神の一手に続く道を歩みだす
私ではなくヒカルが…


さかしいごまかしをしてまで
いったい何を得ようというのか
一局を汚してまで得る価値のあるものなど
この世にありはしないのに…


ヒカルなんか…私に勝てないくせに…
ヒカルなんか私に勝てないくせに!
(もっと碁が打ちたい!)
そう!ヒカルなんか、まだ私に勝てないのに!
(永遠の時間が欲しい!)


神のさだめたこの運命にはあらがえないのか…?


神の一手に続く遠い道程…私の役目は終わった


→ヒカルの碁名言一覧へ

キャラクター 一覧

進藤ヒカル藤原佐為塔矢アキラ塔矢行洋
緒方精次桑原仁座間王座倉田厚
森下茂男篠田先生和谷義高伊角慎一郎
越智康介本田敏則門脇龍彦洪秀英
藤崎あかり筒井公宏加賀鉄男三谷祐輝
岸本薫奈瀬明日美

このページの先頭へ