椿大介の名言【ジャイアントキリング】 | アニメ名言集

【GIANT KILLING】椿大介の名言

キャラ:椿 大介(つばき だいすけ)
声優:水島大宙
アニメ:GIANT KILLING 作者:綱本将也ツジトモ ジャンル:サッカー
制作:スタジオディーン 放送局:NHK 放送時期:2010年
【プロフィール】
年齢:20歳。身長:174cm。体重:65kg。血液型:O。利き足:右。
ポジション:MF(センターハーフ、守備的MF)。背番号:7番。
昨季までサテライト所属であったが、達海に素質を見い出され、スタメンとして起用される。傑出した俊足とスタミナを生かした前線への飛び出しが最大の武器であり、ミドルシュートも身に付け、ETUの新たな攻撃の核として定着しつつある。かつて同じ7番を付けた達海のように、大舞台で才能を爆発させ、見る者を惹き付ける何かを持つ。

名言・名台詞


見える
ピッチも ボールも サポーターも
すげーよく見える


何より俺は…
何度も王子の凄すぎるパスを受けてきてるから…
王子の実力はこんなもんじゃないってわかるんです


もう甘えは許されない
すでに俺にはそういう場所に立っているという……責任があるんだ……!
代表に選ばれる選ばれないじゃなく…
それに見合ったプレーをしないと!


っはぁーーー…危なかったぁーー。
また俺のせいで失点とかしたら、もう、立ち直れなかったっス。


キャンプで失敗しまっくったのを、ここで挽回するんだ


俺、もっとみんなと話せるように頑張ります!!


キャラクター 一覧

達海 猛椿 大介村越 茂幸ジーノ
黒田 一樹杉江 勇作赤崎 遼世良 恭平
堺 良則緑川 宏後藤 恒生笠野

このページの先頭へ