【ベルセルク】ゴドーの名言

キャラ:ゴドー (Godot)
アニメ:ベルセルク 作者:三浦建太郎 ジャンル:ダーク・ファンタジー
制作:オー・エル・エム 放送局:日本テレビ 放送時期:1997年 – 1998年
【プロフィール】
かつて妖精が棲んでいたという鉱山の中で、武具や蹄鉄、拘束具や貞操帯を作って営んでいる老鍛冶屋。
偏屈な性格で口は悪いが、鍛冶職人としての腕は非常に良く、「ドラゴンころし」をはじめとする初期のガッツの装備の殆どは彼の作品である。戦災孤児のエリカを養父として育てた。鷹の団を抜けて修行していたガッツは彼のもとに寄宿しており、その縁で、蝕から生き延びたガッツとキャスカ、そしてリッケルトを受け入れた。

名言・名台詞


やっぱり死ぬ時ぁ一人、前のめりってのがいい


お前は一本の抜き身の戦場刀だ、血でぬめり、錆びかけの、致命的な亀裂のはいっちまった…折れかけた剣だ


憎しみってやつわな、悲しみに面と向かって腰を据えらんねえやつが逃げ込む場所だ


いい剣てのは、たとえ錆び付いてなまくらになっても、その芯には決して錆び付かない、いい鉄を残すもんだ


そうやって何かに向かって走り出すと また何か一つ気づかずに零こぼれていくもんさ
ほんとままならねえ… ままならねえもんさ 生きるの死ぬのなんざ


キャラクター 一覧

ガッツパックキャスカファルネーゼ
セルピコイシドログリフィスゾッド
ジュドーコルカスゴドー

このページの先頭へ