丹下段平の名言【あしたのジョー】 | アニメ名言集

【あしたのジョー】丹下段平の名言

キャラ:丹下 段平(たんげ だんぺい)
声優:藤岡重慶
アニメ:あしたのジョー 原作:高森朝雄 作画:ちばてつや
ジャンル:スポーツ格闘技
制作:虫プロダクション 放送局:フジテレビ 放送時期:1970年-1971年
【プロフィール】
坊主頭に黒の眼帯、顔や頭に古傷がある出っ歯の中年男。拳闘キチガイを略して通称「拳キチ」。
かつては日本タイトルに挑戦するほどの強豪プロボクサーであった。引退後、巨額の負債を抱えドヤ街でわずかな日銭を稼いでは酒に溺れる荒れた生活を送っていた。丈と出会い、丈の天性のパンチ力に惚れ込んだ段平は、彼を一流のボクサーに育てることを決意。ジム再建のために酒をやめ、昼夜を問わず働き始める。

名言・名台詞


た…立て…!…立つんだ、ジョー!


ジョーよ…。うおお――っ、お…おれの…おれのたった一つの生き甲斐がつれていかれちまったあ。ジョーの大ばかやろう~~!


拳闘のリングに人間味なんぞひとかけらほどもいらんわい
必要なのはファイティング・マシン…つまり とことんまで戦いぬく非情な機械だけが要求されるんじゃいっ


す…すばらしいことだ…。どんな理由からにせよ…ジョーのやろうがボクシングというものに燃えはじめたんだ。なあ!すばらしいことじゃねえか。ふふふふ、まってろよ、ジョー…。


ただでさえカウンター・パンチは相手のいきおいづいた出鼻を打つだけに相手の突進プラス自分のパンチ力…と威力は倍増する。ましてやクロスさせた場合、相手の腕の上を交差した自分の腕がすべり、必然的にテコの作用をはたして、三倍…いやさ四倍!思うだに身の毛もよだつ威力を生みだす!


た…立つんじゃねえ、ジョー!しずかに寝ているんだ!立つんじゃねえ~~!


見たか…見たかおまえらっ。これがジョーさ。ええ?これがケンカの天才、矢吹丈なんだよお!!


け…拳闘の…拳闘の魔力ってやつはつくづくおっかねえ…
いってみりゃ…一度 拳闘にとりつかれるとどんなうつくしい悪女の魅力よりもとことん 男を血まよわせ…狂わせ…
若さにたぎる血の最後の一しずくまですいつくしたあげくのはてに ボロボロにされてポイ…さ
いいかジョー おめえは一度拳闘界から見はなされている身なんだぞ
去る者は追わず…おめえもいいかげん拳闘を見はなすんだ
足をあらうんだ
これ以上のめりこんじゃいけねえ!


あしたのために(その1) =ジャブ=
攻撃の突破口をひらくため あるいは敵の出足をとめるため 左パンチをこきざみに打つこと
このさい ひじを左わきの下からはなさぬ心がまえで やや内角をねらい えぐりこむように打つべし
せいかくなジャブ三発につづく左パンチは その威力を三倍に増すものなり


あしたのために(その2) =右ストレート=
左ジャブで敵の体勢をくずし 突破口を見いだせば すかさず 右ストレートを打つべし これ 拳闘の攻撃における基本なり
右ストレートは 右こぶしに全体重をのせ まっすぐ 目標をぶちぬくように打つべし このさい 打ったコースとおなじ線上を おなじスピードでひきもどすこと
一発でKOを生む必殺パンチなり


あしたのために(その3) =クロス・カウンター=
”打たせて打つ 肉を切らせて骨を絶つ 相打ちの必殺パンチ”
相手が全力で打ち込んでくるその腕へ 十字型にクロスの交差をさせ 同時に打ち返す。
カウンターパンチは相手の勢いづいた出鼻を打つために 相手の突進と自分のパンチ力で威力は倍増する。
ましてクロスさせた場合 相手の腕の上を交差した自分の腕が滑り 必然的にテコの作用を果たし三倍、四倍の威力を生み出す。


→あしたのジョー名言一覧へ

キャラクター 一覧

矢吹丈丹下段平白木葉子力石徹

このページの先頭へ