【アオハライド】吉岡双葉の名言

キャラ:吉岡 双葉(よしおか ふたば)
声優:内田真礼
アニメ:アオハライド 原作:咲坂伊緒 ジャンル:少女漫画、恋愛
制作:Production I.G 放送局:TOKYO MXほか 放送時期:2014年7月 – 9月
【プロフィール】
アオハライドの主人公。高校1年生→2年生。6月19日生まれのA型。
中学時代、隣のクラスにいた後述の「田中くん」に対し、ほのかに恋心を抱いていた。しかし、彼の突然の転校により何も伝えられないまま終わってしまった。だが、高校1年の3学期に洸に再会し、両想いだったと発覚するも、それは過去の話だと告げられる。始めは今の洸は好きではなかったが、2年で洸と同じクラスになり、接していくうちに悠里の好きな人だからと想いを踏み止めようとするもできず、今の洸が好きだと気付く。

名言・名台詞


違う女のコ選んだ人の事 想ってるなんて 青春の無駄遣いじゃん!!


恋をすると些細な事も気になって すごく不自由なはずなのに そういうのに気をまわすのって こんなにウキウキするもんなんだ


相手の事悪く言えば、自分が高みに立ってる気分になるのかもしれないけど、それ全然違うから!!


そうなりたいと思って行動してれば、いつかそれが本物になるかもしれないじゃん。
なりたい自分になりたいじゃん。


前向きって分かんない。何をすれば前向きなの?


小さい頃、学校の先生がさ、『お友達とはみんな仲良くしましょう。』って言ってた。
その頃はただひたすらにそれが正しいと思ってた。
今も基本的にはそうなんだと思うけど、うまくいかない事もあるんだよね。


なにこれただの逆切れじゃん……私 でも止まらない だって悔しい
平気で何も無かった事に出来る洸が全然何も無かった事に出来ない私が悔しい


洸が何かに夢中になったり心から笑ったりしても誰も責めない
もしそんな奴いたら私がぶっとばす


友達と同じ人を好きになっちゃったらどうすればいいの?


『あの時 ああしてれば』って思う事があって 一瞬ヘコんだけど そんな事 考えるより それをどう 挽回するか 考えたほうが よっぽどいいし


なくしたものが大きすぎて、ほかの何とも置きかえられないなら、ひとつじゃなくてもいいでしょ?
小さくても10コでも100コでもかき集めたら、洸の頑張る理由くらいにはなる。


みんな本当に『自分らしさ』って分かってんのかな?


目的ばっかりにとらわれて、大事な事見てなかった。


あやふやで手さぐりみたいな恋だったけど好きだったの


歩み寄って、それでも無理だった時の事、あの頃は教えてもらわなかったな・・・教わらなかった事を知っていく。
割り切ることも強さなんだって、今知ったよ。


うまくいく事ばっかりじゃなくて当たり前だよね。だからまた一からやり直す!!それでいいって思う!!


失恋した相手にまだこんなにもとらわれてるなんてさ 納得のいく失恋ってどんな?


私の言い方も悪かったと思う。でも、あれが本音だった。
嫌われるのがこわくて、今まで明日美たちに本気でぶつかれなかったけど、私の本心だった。


『好き』って言葉口にしたら、どんな感じ?


しゃべる相手が欲しいなら 私でいいじゃん


こわいって思うのは、もう私たちの事大事に思ってるって事だ!またなくしたら、って思うからこわいんでしょ!?


目が合うと、必ず、一度そらして、また、合わせる。


私が変わったように、あの頃の田中くんはもういない。あの頃には、戻れないんだ。


相手の事悪く言えば、自分が高みに立ってる気分になるのかもしれないけど、それ全然違うから!!


新しく何かを始めようと思うなら、動き出すための力が、いつもより必要になるのは当たり前で、って事は、いつもと同じじゃ、動き出せないって事。私は、始めたい。


誰かを大切にすること 恋することはいつも難しい 青春はまちがえる


クラスでなんとなく目立って、発言力のあった明日美が最初言い出して、そのまま女子全体の空気作っちゃったんだよな・・・ったく人って流されやすいよな・・・私も含めてさ。


キャラクター 一覧

吉岡 双葉馬渕 洸槙田 悠里村尾 修子
小湊 亜耶田中 陽一菊池 冬馬成海 唯

このページの先頭へ